レシピ

ポテトサラダ/栗原はるみレシピ

2022-07-20

じゃがいも美味しい季節になりました。

じゃがいもは、暖かい夢を届けくれる野菜です。

じゃがいもを使った定番料理のひとつ、「ポテトサラダ」を作りました。

ポテトサラダを作るコツと、さらにおいしくなる隠し味の一つをご紹介します。

 

ポテトサラダ/栗原はるみレシピ

栗原 はるみさんのレシピは、無駄がなくておいしくできます。

栗原はるみの定番ごはんの中からじゃがいもを使った「ポテトサラダ」がお気に入りです。

じゃがいもはもちろん、きゅうりやたまねぎ、それぞれのよさを生かすことで、ポテトサラダはさらにおいしくなります。

おいしいポテトサラダを作るコツ

【ポイント その1 じゃがいもを蒸す】

じゃがいもは、皮をむいてしまうと、茹でている間にじゃがいも本来のうま味が逃げてしまいます。

 

栗原先生の料理のポイント

 

じゃがいもはよく洗い、皮付きのまま蒸気の上がった蒸し器に入れて、25~30分間強火で蒸す。竹串がスッと通るようになったら取り出して、熱いまま皮をむく。ボウルに入れ、スプーンなどで粗めにつぶし、粗熱を取る。

蒸す理由は、じゃがいもを茹でると水っぽくなるからですね。

私は、蒸し器を出すのが手間なので、レンジで「チン!」します。

竹串がないので、爪楊枝をさして、
ブスッと通るようになったら取り出して、熱いまま皮をむきます。

レンジ500Wで6~8分が目安ですが、大きさや量によって変えてくださいね。

新じゃがは、キッチンペーパーでツルンとむけます。

でも

「熱い!!」

このまま塩を振ってかけても美味しい。

子供のおやつに最高です。

脇役の野菜にも丁寧に下こしらえする

【ポイント その2 きゅうりは3mm幅】

ジャガイモを「チン」している間に他のお野菜の下ごしらえをします。

きゅうりは、歯ごたえがある方が良いので 3mmに切ります。

軽く塩もみして5分置きます。

【ポイント その3 玉ねぎスライスはさらし過ぎないこと】

玉ねぎスライスはさらし過ぎると、玉ねぎの風味が抜けてしまうそうです。

10分くらい水にさらします。

私は、玉ねぎの辛味が苦手なので2時間くらいさらしてしまった・・・。

(=゚ω゚)ノ

水にさらした後、キッチンペーパーで軽く水気を切ります。

細かくほぐさないのが「栗原はるみ風」

「チン」したジャガイモをフォーク、スプ―ンなどを使ってお好みの大きさにさっくりほぐします。

調理人の個性が出ます。

ざっくりすると、ダメではなく、ジャガイモのほどよい個性を出せるかどうかが、主婦の腕の見せ所ではないでしょうか。

玉ねぎ、きゅうり、他 人参とかハムがあれば、彩り良いですね。

[box class="yellow_box" title="混ぜ合わせる"]じゃがいもが冷めたらきゅうり、玉ねぎ、ハムを入れ、マヨネーズを加えてさっくりと混ぜ、塩、こしょうで味を調える。[/box]

野菜のアクを全てなくすより、少しえぐみを残すと季節が感じとる事ができます。

美味しくなる「おまじない」隠し味登場

コンソメを 少し足してうまみを補います。

美味しくなる「おまじない」です。

 コンソメ、マヨネーズを加えてさっくり混ぜます。

隠し味 2番弟子登場

コショウは、現場を引き締める棟梁の弟子のような存在です。

ポテトには、黒胡椒が合います。

盛り付け

写真写り良いように、少しお直し。

盛り付け

できました。

 

あとがき

ポテトサラダを作るコツは、水分の調整。
そして、さらにおいしくなる隠し味が大切なのです。

「家庭料理の定番」だからこそ隠し味に愛があるのです。

栗原 はるみさんのレシピは、無駄がなくておいしくできます。
なぜなら「作る人」の事を考えての時間や手順を教えてくれるからです。

はるみさんの料理の基本をやってみて、自分でアレンジできる凄さは、日々研究されているからだと思いました。。

 

手抜きだけど本格料理に仕上がるホットクック

毎日使っています。

ほんとに便利です。

-レシピ