Google Analytics Dashboard for WPを使ってブログの棚卸【SEO対策】

年明けから、ブログの組み立ての見直しをしています。

まずは、解析レポートしてくれるプラグインを試しました

 

Google Analytics Dashboard for WP

Google Analytics Dashboard for WPは、グーグル・アナリティクスのアクセス解析レポートをWordPressのダッシュボード上に表示できるプラグインです。

アクセス解析レポートをWordpressのダッシュボードに表示できるプラグインです。

 

 

 

 

このプラグインを使えるようにするには、Google Analyticsのアカウント認証を行う必要があります。
認証方式は「Googleアカウント認証」「Google Analytics API」の2通り。

 

 

Google Analytics Dashboard for WPを使うための認証

 

2段階認証プロセスにログイン

パソコンで 2 段階認証プロセスの設定ページにアクセスします。★

指示に従って認証をとってください。

端末(スマホ)を横に置いといてくださいね。

 

プラグインを許可の設定

WordPressのダッシュボードのサイドバーに「アナリティスク」がありますので
カーソルを持っていくと下の表示が出てきます。

 

 

■「一般設定」→「プラグインを認可」

 

 

「アクセスコードを取得」→ クリックしてください。

 

 

■ 許可をクリック

 

■ 出てきたコードを「Googleアナリティスクの設定」のアクセスコードに貼り付けて「アクセスコードを保存」をクリック。

■ アクセスコードを張り付けて保存

 

 

 

承認が完了すると、一連の新しいオプションが使用可能になります。

「動画」をクリックするとプラグインの説明が書いてあります。
https://deconf.com/google-analytics-dashboard-wordpress/?utm_source=gadwp_config&utm_medium=link&utm_content=top_video&utm_campaign=gadwp

どこに表示されるの?

WordPressのダッシュボードのホームの下の方を探してください。

 

自分が書いた記事の評価票みたいなグラフが 出てきます。

 

感    想

実際、入れてみたら公式の方が見やすいなあ

と思いました。

 

でも、ダッシュボードで確認できると、公式のアナティリスクも気になるので、

思い出す手段の位置ずけになって、良いのかもと思います。

しばらくは、様子を見て公式のページと差がありすぎているようでしたら消せば良いかと思います。

 

 

ブログの棚卸(見直し)をたまにはしてみましょう

棚卸は、小さな個人商店でも大きな工場を持つ会社でも、必ず定期的に行われているものです。
経営状態を把握するための在庫管理を指します。

 

ブログを書いておられる方は、1記事1記事に愛情をこめて書いておられると思います。

ブログも定期的に見直すことで、より素敵な記事に生まれ変わります。

すると、検索も上がってくるし、文章も磨きがかかり内容も充実してくるように思います。

 

Pocket

当ブログの記事に共感していただけたら、嬉しいです。

カテゴリー