シャキシャキ感がクセになる「おかひじきの和物」

「おかひじき」と言う野菜をご存知ですか?

私は、初めて口にしたのですが なんとまあ美味しい事!

葉の様子が海藻のヒジキに似ている事から、おかに生えるヒジキと言う意味で「おかひじき」と名付けられたようです。

頂いた「おかひじき」を酢味噌あえにしました。

シャキシャキ感がクセになる「おかひじきの和物」

この珍しい野菜、姪っ子が持ってきてくれました。

松葉のようですね。(^^)

おかひじき

ホテルやレストランにも 卸している食材を扱うお店の品なので

鮮やかな緑色が濃く、艶があります。

新鮮なうちに調理しました。

おかひじきの調理

おかひじきは、味や香りにクセが少ない野菜です。

本来少しアクがあるので、下茹でしたものを調理する場合が多い野菜なのですね。

炒め物やスープ、和え物などさまざまな料理に使うことができる便利野菜です。

※ 茎は口に残るので、葉っぱのみ茹でるのが正解

シャキシャキとした食感が美味しい野菜なので、火を加え過ぎずに食感を活かした料理が向いています。

今日は、混ぜるだけ簡単調味料にて食卓に並べました。

胡麻油で炒めても美味しいらしいです。

海のヒジキと並べました。

色は違うけれど形は似ていますね。


オカヒジキは山形県の伝統野菜

おかひじきは全国各地に自生していますが、山形県など東北地方では伝統野菜として栽培されています。

江戸時代後期から栽培が始まり、とくに山形市と米沢市では盛んに栽培されている。旬は春から秋頃であり、数回に分けて収穫される食材です。

栄養価も高く、おかひじきにたくさん含まれるビタミンKには、骨の形成に役立つ栄養素があります。

出産を控えた女性や、中高年の女性はぜひ意識して摂りたい栄養素ですね。

あとがき

多くの地域で田植えシーズンがたけなわを迎えています。

苗植えを待つ水田には、夜には電車の明かりが映り込んで幻想的な光景をつくりだす季節でもあります。

そんな、たおやかな毎日を過ごしている私に、可愛い姪っ子からメールがきました。

「お野菜持って行くから、日曜日いらっしゃっいますか?」と。

我が家にも野菜はあるのを知っているので、きっときっと…ムフフ。

期待していた以上のお野菜を たっぷり持ってきてくれました。

感謝感謝で記念撮影。

苺は抜群に美味しかったー。

焼き芋は、お弁当に入れたよ。蜜たっぷりだった。

野菜も作り手の工夫で、プリンプリンの食感と甘味ある野菜が作れるんですね。

ありがとう!

脱力系八百屋 ちょっとどころじゃないです

購入先のお店は下記にて。

https://instagram.com/chottodocoro?igshid=egq7pbnedgqz

【店舗情報】

「脱力系八百屋 ちょっとどころじゃないです」

■ 営業時間:AM9:00~PM19:00
■ 新鮮野菜の到着は、9:30~10:00   ※天候、交通事情により変動有。

■ 住所:神戸市中央区吾妻通5丁目1-16
■ TEL:078-855-5981
■ 定休日:毎週水曜日

あとがき

お店の名前から野菜愛があふれていますよね。
野菜ソムリエさえもうなる品ぞろえだと聞いています。

ぜひ、私も足を延ばしていってみたい八百屋さんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Translate »