アクセシビリティを設定してiPhoneを使いこなそう

ホームボタン操作などを画面タッチで行う(AssistiveTouch)を表示させておくと、何かと操作が便利です。

アクセシビリティを設定してiPhoneを使いこなそう

AssistiveTouchアクセシビリティを設定する

AssistiveTouchは、ホームボタン、音量などのボタン操作や複雑なタッチ操作などを、画面上に丸いメニューを表示させてかんたんに行えるようサポートする機能です。

 

 

よく使う機能の「スクリーンショット」や「読み上げ」は便利。

秘 亭
先ずは、AssistiveTouchを表示させましょう

 

表示の設定方法

 

一般設定からカスタマイズします。 

 

 

 

秘 亭

ない!と思ったら

アクセシビリティ 設定のず~と下に下がってみてね。

 

 

■ デフォルトでは「AssistiveTouch」がオフになっていますので「オン」にします。 

 

 

■ すると ホーム画面にぼんやりとした「丸」が現れます。

 

秘 亭
これで先ずは、AssistiveTouchの表示設定はOKです。

 

■ この丸いのをタッチするして 「通知」「デバイス」「コントロールセンター」「ホーム」「カスタム」「siri」からそれぞれの機能を呼びだします。

 

 

 

 

秘 亭
次に、書いていましてスクリーンショットや読み上げの表示を設定していきましょう。

 

 

あとがき

アクセシビリティには、誰にでも便利なオプションや素晴らしい機能が隠れています。

頻繁にiPhoneの設定をいじるのが好きだったり、記事を書くために使うとか、、特定の問題を解決しなければならない限り、ほとんどの人はiOSの「アクセシビリティ」の機能については、そこまで詳しく知らないと思います。

たまには、設定をのぞいてみると意外な発見がありますよ。

商品紹介

 

 

Pocket

カテゴリー

当ブログの記事に共感していただけたら、嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください