YouTubeに動画をアップロードする方法/動画は「記事コンテンツの2倍」記憶に残る

パーマリンクを変更したら、表示されなくなったので、再アップしました。

 

IMG_7955

動画は、何も考えずに画像は目から飛び込んでくるし、音声は耳から入ってきます。

見るものの右脳に働きかけインパクト強く訴えることができるのです。
右脳に残った情報は、単に活字だけのホームページと違いしっかりと記憶に残ります。

なので 動画は「記事コンテンツの2倍」記憶に残るという評価があります。

脳

 

 

ホームページに動画を乗せたいとの要望がありましたので、アップロードする手順を記載します。

とっても簡単なので試して見てください。

 

 

まずYouTubeに登録します。

 

YouTubeの登録は非常に簡単で、
簡単に言ってしまえば、Googleアカウントを取得してしまえば完了です。

Googleアカウントを取得したら、YouTubeを開いてください。

 

 

YouTube にログインします。

(Googleにログインしていれば自動的にYouTubeにもログインします。)

 

ユーチューブ

 

 

動画をアップロードしてみましょう

ページの上部にある [アップロード] ボタンをクリックします。 ↓

 

ユーチューブ

 

 

 

「アップするファイルを選択」をクリック

 

ユーチューブ

 

 

 

使用のパソコンからアップロードする動画を選択してから → 「開く」をクリック

 

YouTube

 

アップロードするデーターを選択すると下の ↓ 画面が表示されます

 

YouTube

 

 

動画のプライバシー設定を選択します

上の画面「詳細設定」をクリックしてプライバシー設定をします。

 

コメントや公開範囲を設定します。私は、コメント承認制に設定しました。

 

YouTube

 

 

 

「公開」「非公開」の設定

詳細設定をしてから公開にするとよいでしょう。

必要に応じて動画の設定と情報を変更したら、[公開] を選択して YouTube へのアップロードを完了します。

 

YouTube

 

 

(動画がアップロードされているときには、タイトル、説明、タグなどの情報を追加したり、動画を再生リストに追加したり、プライバシー設定の変更やカスタム サムネイルの選択を行えるほか、Google+、Twitter に投稿するかどうかを決定することもできます。)

 

動画の基本情報と詳細設定の編集をしたり、チャンネル登録者に通知するかどうかを指定することもできます。
(このオプションをオフにすると、チャンネル登録者には一切通知されません)

 

 

 

07

 

動画が公開されました。

 

 

YouTubeアップロード

 

 

削除したい時は、「動画の管理」から設定

 

アップロードしたあと削除したい時は、アカウントの「動画の管理」から削除出来ます。

YouTubeアップロード

 

 

削除したい動画にチェックを入れて、「操作」をクリックするとプルダウンして削除表示が出てきます。

 

YouTubeアップロード

 

YouTubeアップロード

 

そのほか

 

クリエイターツールの動画の管理から編集ができます。

私は、コメントを承認制にしています。

子供のピアノ演奏などは、いたずらに評価されたくないので
評価のチェックを外しています。

「動画の管理 → 詳細 → この動画の評価・・・チェックを外す → 保存」

 

 

動画活用の効果

文書や写真だけだと、どうしても伝えられる情報に限りがありますが、動画なら、動きや音声でいろいろな情報を同時に伝えられます。

高速で大容量のインターネット回線が普及し、以前に比べて動画の視聴環境が格段によくなりました。動画を使ったホームページで集客を考えられてはいかがでしょう。

 

 

Pocket

当ブログの記事に共感していただけたら、嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です