「伝わるブログの書き方」を模索した件について

「Facebookのシェア後にアイキャッチを修正する方法」という記事を書きました。

自分の反省として書いています。

「アイキャッチを修正する方法」修正前

自分では、面白系で書いたつもりでした。

ところが、「この記事を読んだ読者が???となる部分があるよ・・・」
師匠に教えて頂きました。

さらに、校正もして頂きました。

「伝わる書き方」と「伝わりにくい書き方」

伝わる書き方と「読者に伝わりにくい書き方」があります。

修正前と、修正後の部分を読んで下さい。

 

 

■ タイトル部

「Facebookのシェア後にアイキャッチを修正する方法」

 

これだけでは、伝わりにくいので…。

 

補足を本文に、説明を入れると良いとのこと。

「ブログ記事をFacebookにてシェアしたあとに、アイキャッチ画像を修正したくありませんか?

Facebookシェアしたあとに、ブログ側のアイキャッチ画像を変更しても Facebook側のアイキャッチ画像は、変わりません。

ここでは、Facebookのシェア記事を削除しないで、Facebook側のアイキャッチ画像を修正する方法について記載します。

 

校正された追加の文章は、迷う事なく本題へ 読者の道案内をしています。

 

 

■ 記事の内容の見直し その1

修正前 

× ブログのアイキャッチは、直ぐに変更できても
× フェイスブックにシェアした画像は、そのまま。

 

修正後

〇 ブログのアイキャッチを変更しました。
〇 しかし、フェイスブックにシェアした画像は、そのままで新しいアイキャッチ画像に代わりません。

 

 

 

■ 記事の内容の見直し その2

 

修正前

× では、ここで秘亭のネタの新キャラ「ゆる熊先生」にお尋ねしてみましょう。
  ゆる熊先生の登場です。(初登場です!)
  先生、よろしくお願いいたします。

いきなり、「ゆる熊先生」を出したら、
初めて「秘亭のネタ」のブログに来た読者は、「ゆる熊先生」がこのブログの管理人なのかな?

と思ってしまうらしいです。

 

修正後

〇 百選練磨の「ゆる熊先生」なら、きっと解決方法を教えてくれます。

ゆる熊先生の登場です。(初登場です!)

先生、よろしくお願いいたします。

「はいはい。」

 

・・・と、ここで登場させると、違和感がない。

 

 

 

つまり

「百選練磨の「ゆる熊先生」なら、きっと解決方法を教えてくれます。」

この一文で、ゆる熊先生がサブでブログの管理人に教えてくれる立場なんだな・・・。ということが読者に伝わります。

 

 

 

気づいた事

■ 書き手と読み手の位置

■ ブログを書いている人物を知っているか?いないか。

■ 訪問してくれた読者が、他のブログ記事を読んでいるか!いないか。

 

…という点を気にしながら書くと、ユーザビリティ的です。

 

 

 

私のブログのタイプ

私のブログは、「検索キワードから、訪問して下さってる読者」が大半を占めています。

さらに、情報を得る為に記事に 訪問して下さっています。

 

「クドクド書かないで、どうしたら良いのか結論だけ書いて!」

と思った読者もいたかもしれません。

ですので、今後は今まで以上に、

読者に伝わる文章を 書いていく意識を持つようにしたいと思います。

 

 

修正したブログ

FACEBOOKのシェア後にアイキャッチを修正する方法

 

 

これで、伝わっていますでしょうか(OvO)

 

ブログを書いて集客を目指されている方や、ブログで収益を上げる為に記事を書いておられる方は、

たまにはお友達に 読んでもらって、意見を聞くのも良いかもですね。

これを機会に、過去に書いたブログの文章を見直してみようと思います。

 

 

アクセスをあげるブログ

 

ブログを読みやすくするだけでなく、アクセスも増やすためには、

それなりの知識とノウハウを知る事が大切です。

 

また、ブログ講座を選択する時に、知識とノウハウを知っている講師を選ぶと良いですよ。

※ 私の師匠は、月50万PVのプロのブロガーです。(凄いですね)

 

文章やブログの構成は、書き手の個性や技量がバッチシでますので

何度も読み返して、より良い内容に出来たら良いなあ〜と思っています。

 

では、今日はこれにて ٩(^‿^)۶

Pocket

当ブログの記事に共感していただけたら、嬉しいです。