PowerDirector15の動画出力の方法・保存の覚書

いつもは、調律だけをお願いしていましたが
弦を磨くと「いっそう綺麗な音になる」とお聞きし、お願いしました。

 

ピアノ調律の仕事「弦を磨く職人」というテーマで
作業の記録と調律師さんの今後のお仕事の幅が、広がるための

営業ツールにしていただく為の動画を作成しました。

 

PowerDirector15の動画出力の方法が 説明書でわかりにくかったので
YouTubeにアップロードするファイルへ出力する方法を記しておきます。

 

 

ファイルの形式が色々あるのですが
秘亭の備忘録ですので、必要なファイル形式だけを書いています。

 

PowerDirector15の動画出力

 

■PowerDirector15で作った動画をYouTubeにアップロードする手順を説明します。

出力の前準備

※ 動画編集済である事とします。
※ 注)出力中、稀にフリーズすることがありますので、必ず作業前には保存をしておいてくださいね。

私は、過去の経験から2つの保存を作っています。

出力編集スタート

 

■ 画面上にある「出力」をclick。

 

 

 

■ ファイル形式  AVC MP4を選択

※ CyberLink PowerDirector 15 の対応ファイル形式については、下記のカスタマーサービスをご確認ください。

■ https://jp.cyberlink.com/support/product-faq-content.do?id=19698

 

 

 

 

■ 画質を選びます。 

※一般的なフルHDサイズ MPEG-4 1920×1080/30p(16Mbps) を選びました。

 

※ 高速ビデオレンダリング技術 →「ハードウェアビデオエンコーダー」チェックを入れると、
出力が早くなるらしいですが、私のパソコンでは、反応しませんでした。 

 

■ 出力中にプレビューを表示するに を入れます。

横に「開始」がありますが、まだですよ (^^)/~~~

 

 

 

保存先指定

■ 保存先指定 その①

 歯車マークをclickして「基本設定」を出します。

 

 

■  基本設定 →「ファイル」→「フォルダ」の選択 → OK

 

 

 

 

 

■ 保存先指定 その②

「書き出しフォルダー」の
 右の・・・をclickして、保存先のファイルを指定します。

 

 

■ 出力開始  設定右下の「開始」をクリックしてください。出力が始まり、しばらくすると完了します。

  

 

 

 

■ mp4ファイル形式の動画が保存されました。

これからは、動画!

 

動画の見せ方は、まだまだ勉強中です。

料理のサイトもククパッドから☆☆にユーザーが動いてるように、

動画をサイトに埋め込んだり、フェイスブックで紹介する事で

新しいお客様をつかめます。

 

 

お手伝いしますよ。

お気軽にお問い合わせ下さいね。

 

 

PowerDirector15の動画を作成するときの注意

1にも2にも、とにかく保存を小まめにして下さい。
動画ソフトは、パソコンの容量をたくさんつかうのか・・・
フリーズしたり、急にソフトが動かなくなります。

そして、サクッとダウンします。

動画編集は、細かい作業を繰り返してしていますので、
どこで、どんな調整をしたのか、わからなくなります。

消えたときは、ショックです。

 

自分の小さなこだわりで何度も調整した、それまでの時間なんて

「知らねーよ」とあざわらうように、サクッと消えます。

 

自分が悪いんですが、

しばらく、心が復活できませんでした。

(*´▽`*)

 

 

 

Pocket

当ブログの記事に共感していただけたら、嬉しいです。