NikonD5300セレクトカラーの設定で雰囲気のある写真を撮ってみましょう

モノクロには、引き込まれる美しさがあります。
そのモノクロに、強調したい部分だけをカラーにして、背景をモノクロ 仕上げると素敵な画像になったりします。

微調整すると、雰囲気のある写真が撮れます。

 

 

モノクロ写真に色彩がある写真の撮り方

セレクトカラーの設定/NikonD5300

 

NikonD5300には、特殊な効果をつけた写真が撮れるスペシャルエフェクトモード「EFFECTS」があります。

その中の「セレクトカラー」の設定方法をご紹介していきましょう。

カラーは最大3色まで選択できるんです。

 

セレクトカラーは、撮影前に設定してから撮る方法と

なんと!
撮影後にカメラ内で編集する方法があるのです。

 

 

まずは、

セレクトカラーを撮影前に設定してから撮る方法

 

【設定手順】

● 撮影モードダイヤルを「EFFECTS」にして「セレクトカラー」を指定して撮影する。

 

■ ライブビューをONにして下さい。

 

■ コマンドダイヤルを回して、

 

■ セレクトカラーに合わせます。

 

色の抽出の設定 

■ 抽出したい色のポイントに合わせます。

 

 

■ 下のボタンを押すと被写体が大きくなるので、抽出したい色のポイントに合わせます。

 

 

マルチセレクタ ▲ を押すと画面中央の色が選択されます。

画面上に抽出された色が表示されて、「3~7」まで感度を選べます。
数字が高いほど、色が濃くなります。

 

感度の数字を変えるには、▲ ▼で変更します。

 

 

■ 別の色の追加方法は、コマンドダイヤルを回して、別の色にポイントを当てます。

 

「セレクトカラー」設定した写真

 

● 設定していない写真

 

 

● 赤をレベル7、黄色をレベル2に「セレクトカラー」設定した写真

 

「セレクトカラー」を使うとモノクローム写真に、ひと味加えたおしゃれな作品を撮ることができますね。

 

 

 

ワンポイントカラーのモノクロの写真

一点だけ鮮やかな色が映えると、とっても印象的な写真ができあがります。

 

お盆を過ぎると、畑の横に咲いている向日葵も、ややくたびれてきます。

夏の思い出に、ひと工夫してみました。

 

「セレクトカラー」を使うと、元気を表すひまわりに無常観が出ますね。

 

ワンポイントカラー写真の魅力

モノクロ写真の一部が彩あるワンポイントカラー写真は、何かを語りかけてくるようなものがあります。

ワンポイントカラーの写真、Photoshopなどの画像ソフトででも作り上げることができるのですが

カメラをのぞきながら設定する楽しみは、また格別なものがあるんですよね♪

 

 

商品のご紹介

 

Pocket

当ブログの記事に共感していただけたら、嬉しいです。