かたずけのプロに見習う!カバンの骨

お気に入りの鞄は、ずっと使いたいです。

大阪の鞄屋さんで6800円で買ったビニール製ですが
皮っぽく見える鞄がお気に入りです♪

色合いも大きさもよいのですが 唯一の難点は、
置くとクニャっとなるところ。

鞄の補強ができるアイテムを買いました。

 カバンの骨

バッグのへたり型崩れを修正し、シャキッと自立をしやすくする新しいアイテムです。

「カバンの骨」ネーミングが可愛いです。

サイズ調整もカンタン、多くのバッグに対応します。
【適合するバッグのサイズは、マチ8cm以上 外周86cm~112cm位まで】

 

組み立てはかんたん簡単

 

パーツは、これだけ。

 

■ 組み立てて、バッグの底に仕込むだけです

 

 

 

 

デメリットな所

良いところばかりではないので、正直に言います。
鞄の底の方に入れてあるだけですので、
「かばんの骨」自身がかばんの中で動いてしまいます。

かたずけのプロに聞く

どんなバッグでもそうですが、 内部が広いカバンは、
出し入れしているうちに ごちゃごちゃしてしまいます。
整理しても あちこちポーチが動くのがストレスでした。

【かたずけのプロのお話】

・ 背骨を作れば、仕切りがなくても大丈夫!
・ 並べ方を工夫して迷わないカバンにすること!

 

好きな持ち物には、愛情をかけたい。
使いこなしたいアイテムを色々プラスして
長く大切にしたいですね。

 

Pocket

当ブログの記事に共感していただけたら、嬉しいです。