iPad mini3にBluetooth (ブルートゥース) キーボードを接続する方法

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-PAK85_MBAdesagyou20140312-thumb-1000xauto-17014

外出先で文章を打ち込みたい時に、パソコンをいちいち広げていると
如何にも「私、仕事しています」みたいで

カッコ悪い。

 

なのでタブレットを活用するようになりました。

しかし、長い文章を書こうとすると疲れます。

そこで、タブレットにキーボードを接続することにしました。

 

大きな声では言えませんが、仕事に飽きたらポコポコやってます。

真面目に仕事しているみたいに見えます。

大丈夫です。


アンカーキーボード

 

 

 

お薦めキーボードは、

アンカーAnker ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボード 

アンカーキーボード

 

画像中の奥に電池を入れる場所があります。
単4電池を2個入れます。(電池は、付いてないので準備してくださいね。)

 

アンカーキーボード

 

 

Bluetoothオン。
裏にある on/off を on
表を向けると小さい青いランプがチカチカします。

アンカーキーボード

 

 

「iPad mini3」と接続しましょう

 

iPad mini3側での作業

iPad mini3側でBluetoothを有効にします。

画面右上をスライド(スワイプ)して、メニューを表示します。
画面「設定」から

 

「デバイスを表示するにはBluetoothをON」とあります。
画面上部に「OFF」とある箇所をタップします。

 

 

キーボード側での作業

この作業がわからず手こずりました。
Fn と アンカーキーボードBluetooth を押します。(→ 下記のペアリングの番号が出てきます)
アンカーキーボード

 

 

ペア設定(ペアリングと呼ぶこともあるようで)単にタブレットとキーボードのBluethooth同士を接続するのことです。
パスワードのような数字が表示されますので、キーボード側から入力します。

アンカーキーボード

(ネクサスの場合は、ONにしただけではキーボードを見つけられませんでした。
そこで「デバイスの検索」をタップします。
「デバイスの検索」をすると、「Bluetooth Keyboard」が使用可能なデバイスとして表示されます。)

 

 

iPad mini3側での作業

アンカーキーボード

 

 

早速、キーボードの使い勝手を試しました。

 

アンカーキーボード iPad アンカーキーボード

 

iPadアンカーキーボード

 

写真で見ると大きくうつっていますが
実際は、もっと小ぶりでテーブルの幅もとりません。

事務所で新しい発想は、場所を変えると
意外によい案が生まれてくることがあります。

気軽に持ち運べるタブレットは、とても便利ですし
文字入力にストレスを感じない分作業ペースも上がるのではないでしょうか。

 

Pocket

当ブログの記事に共感していただけたら、嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です