ホームページビルダー20,21SPの利点・イマイチなところ

秋が深まりつつある今日この頃。
銀杏並木が色ずくころになりました。
あと数日で黄金にの輝き街を彩るでしょう。

また公園や山間部に行けば鮮やかな紅葉が目に映ってきます。

岡山大学 図書館

 

ホームページビルダー20が発売されて1週間が経とうとしています。
ユーザーのみなさんは、新しくホームページを作られたりリニューアルの作業にパソコンとにらめっこされていることでしょう。

 

 

初心者の迷うところ

ホームページビルダー19から搭載された新しいエディタの ホームページビルダーSPは、
作成開始時にサイトタイプ(SPの通常版通常、ワードプレス)を選択する必要があります。

● hpb20クラシックの(フルCSSテンプレート,Wordpress)

● hpb20SPの(通常版,.Wordpress版)

それぞれの方法は互換性がないために、
どのエディタで作成するのか、その選択をホームページ作成前にしないといけません。

 

R0020126

 

実際のところサイト作成の初心者がホームページビルダーで、
どんなサイト方法で作成すれば自分の望むサイトができるかを判断するのは難しいと思います。

 

初心者もしくは、新たに別のエディタで作成されるとき
参考になればと利点とイマイチなところを書き上げてみました。

 

エディタとは、コンピュータで、ソース プログラムや文書ファイルなどを編集するためのプログラムのことです。

ウィキペディア(Wikipedia)より

 

アドオン関係をたくさん有効

ホームページビルダーのエディタの利点とイマイチの所

 

hpb20クラシック版/フルCSSテンプレート

● 良い所は、作ったデーターがパソコン内もしくはハードディスクに保存できることだと思います。パソコンが変わっても保存さえしておけば、データーがなくなることはありません。

● フルCSSのテンプレートをつかうことで、おしゃれなホームページがすぐに作れます。
ある程度整ったページは、見る側からすると安心感があります。

● ページソースの編集画面に切り替えできるので、まったくの初心者さんでも「html.cssで書くとこうなるのかあ」とイメージだけでも学習できるところが良いと思います。

 

● イマイチな所として、ホームページビルダーがインストールしてあるパソコンと保存してあるデータファイルが手元にないと編集できません。もちろん編集したページサイトアップするには、パソコンがネットに繋がっていることが必要です。

 

 

 

hpb20クラシック版/Wordpress

● おしゃれなWordpressのテンプレートが揃っています。
WordPress初心者がチャレンジしやすいものと思います。

固定ページと投稿のページの違いが理解できたら楽勝です。

 

● Wordpressは、デバイスを選ばず、どこからでも更新!スマホやタブレットから、場所を選ばず更新できます。 ホームページビルダーサービスを使うとアッと言う間にサイトにアップできますが ロリポップやさくらサーバーを使う場合は、データーベースやファイルの設定などで最初だけ戸惑うでしょう。

 

でも、ご心配なく。 戸惑うのは、最初だけです。

● もしもの時の為にバックアップを取っておくことが大切です。
ただ、元に戻す時は専門知識のある方でないと難しいデス

 

● プラグイン(スマホでいうアプリみたいなもの)を入れていくことでCSSを触らなくても拡張できます。Wordpressの導入としては、ホームページビルダーのテンプレートを使うのは お・ススメ。

 

 

DSC_0055

ホームページビルダー20SP版を試してみようと作業を始めたとき
SPの通常版とWordpress版とどう違うの??
ホームページビルダー20のパッケージに謳われている「投稿」の違いは何??

というのが最大の疑問点でした。

 

 

SP通常版とSP/Wordpress版の違い

SP通常版は、パソコンでSPを立ち上げて投稿のページを書き足す。

そしてサイトに上げる方法です。
拡張機能は、ありません。

 

hpb20SP

 

 

WordPressにすると、スマホやタブレットから、場所を選ばず更新できます。
ダッシュボードの編集画面からいくらでも拡張できます。

 

hpb20SP

 

 

 

SP版について

SP版の利点は、テンプレートという枠を取っ払って自分らしいホームページを作りたい人には、もってこいだと思います。

HTMLやCSSがわからない人でも個性的なページが作れると思います。

 

ただ、ホームページのソフトを使ったことがない方が、いきなりSPを使えるかどうか疑問です。
画像編集をするときウェブアートで作りあげていくようなので
二つのソフトをこなすとなると、1ページ作るだけで音をあげてしまうだろうと思います。

 

★ ホームページビルダー20のパッケージに謳われている「便利。デバイスを選ばず、どこからでも更新!スマホやタブレットから、場所を選ばず更新できます」という機能はWordPressサイトでのみです。

 

 




 

秘亭からひと言

秘亭は、hpb15で初めてのホームページ作成に携わりました。20でいうクラシック版です。

お絵かき気分でチャレンジできたのと編集箇所がhtmlのソースで見ることがでるので CSSやhtmlの「はじめの一歩」が勉強できました。

 

 

ホームページは、1つ~3つほど、サクッと作っていくうちに納得できるものが作れます。

いきなり完璧なサイトを作ろうといきごまないで
「気に入らなきゃ作り直そーー」と思うくらいでいいと思います。

■「秘め亭のネタ」は、最初からwordpressでつくりました。
テーマも無料を使っていました。
有料のテーマを購入すれば「かっこいいサイト」をサクッと導入できます。

wordpressは、プラグインによって拡張機能を使う事ができるので
作りこみたい方であればwordpressをお薦めいたします。

 

でも、サイトつくり「はじめの一歩」を踏み出された初心者の方は
ホームページビルダー クラシック版フルテンプレートから始められると無難かな?と感じます。

 

 

※ アメブロなどのブログを経験されている方は、WordPPressが抵抗なく取り掛かられるでしょう。

 

本格的なホームページを作ると決めた方は、

是非WordPressにチャレンジしてみては如何でしょうか?

 

 

【バージョンパック購入の対象者は、hpb15以降のhpbをインストールされている方にお薦めです】

【関連記事】 http://www.himetei.com/hpb20-3/

 

Pocket

当ブログの記事に共感していただけたら、嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です