ノーベル賞晩餐会で愛飲される日本酒「福寿」

ノーベル賞とは、物理学、化学、医学生理学、文学、平和、経済学の6部門において、顕著な功績を残した人物に贈られる世界的な賞です。
2014年には、日本人受賞者は3名。赤崎勇氏、天野浩氏、中村修二氏が物理学賞を受賞しました。

授賞式前は、賞の内容より晩餐会の華やさを伝えるニュースが多かったように思います。

 

「福寿 純米吟醸」

醸造元 神戸酒心館
http://www.shushinkan.co.jp/fukuju/

福寿は、兵庫の灘を代表するお酒です。

宝暦元年(1751年)に現在の地、灘・御影郷(みかげごう)において清酒の醸造を始めました。兵庫県で育まれた最良の原料米と名水百選「宮水」を用い、まさに我が子を育てるが如く、細心の注意を払いながら、手造りによる丁寧な酒造りを行っています。

出典:日本酒コンシェルジュ、神戸酒心館より

 

ノーベル医学生理学賞を受賞した京都大学の山中教授が列席した受賞式後の晩餐会でふるまわれ、
一気に人気に火が付いたようです。

メディアが取り上げてから、しばらくは入手困難でした。
深いつながりのあるお酒屋さんでも1ケ月前に蔵元に注文しないと入手できませんでしたが今は、比較的可能のようです。

忘れがちな父の日

昨日は、父の日でした。 母の日は、なにかしら世間も盛り上がるのですが、父の日は忘れられがちです。 我が家は、例年通り忘れておりました。
夜、あっさり系の和食にお酒をだしました。

選んだお酒は「福寿」

福寿 ノーベル賞晩餐会

このラベルを見て買わずにおけないでしょう!!
「ノーベル賞晩餐会 愛飲される日本酒」

和食に合うのはもちろんのこと イタリアン、コッテリとした中華にでもいけるとおもいます。 さらっとした上品さがある日本酒です。 まだ、試飲されておられないお酒通の方は、ぜひこれを機にお買い求められませんか♪

父と息子の距離

父親は息子に対しては、特別な存在のようですね。

無題

いい感じの距離です。(撮影:2015年の秋) 

 

 思い返せば・・・・

子育ては、すべて母親(私)に任せる絵にかいたような企業戦士の主人でした。
しつけは「怒る」人でした。

しかし子供が、大学に入った頃から接し方が変わってきました。
自分の父親が他界したのも関係するのでしょう。
男同士という特別なものを かみしめているようです。

ただ、そういう事は「重い!」と避けたがる息子♪

でも、親子であるけれど 

礼儀や日頃の感謝を伝えれる人間こそが、
社会人になった時に、自然と出せれるものだと思っている母です。

無題 無題

週末、とってもご機嫌な主人の様子が見れました。

男って、手がかかる生き物なんですよね。

 

>

Pocket

当ブログの記事に共感していただけたら、嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です