ブログの集客をUPするアイキャッチを作ろう

ブログの文章を読んでもらうには、当たり前ですが
内容勝負です。
それにプラス「アイキャッチ」を気にしてみましょう。

フェイスブックやツィッターなどとブログ記事を連携させた際にも、印象が良くなります。

 

 

一瞬で目に入ってくるように画像に工夫してみましょう。

フェイスブックで「いいね」をもらうと、お友達のニュースフィードに
ブログタイトルと一緒にアイキャッチ画像が表示されます。

 

例えば、FACEBOOKでは・・・ 

 

アイキャッチ画像は、SNSで拡散される際には非常に重要な要素です。

ツィッターでは、こんな感じですよね。

 

 

 

■ アメブロは、最初の画像がアイキャッチとして出てくるみたい。

■ wordPressもアイキャッチを設定していなかったら、最後の画像が出てくるようです。

 

ユーザビリティのあるアイキャッチ画像にしよう!

 

ユーザビリティ…。。とは、簡単に言えば「誰にでも親切」っていうことです。

 

■ 下の画像は、

玉ねぎを炒めると、美味しい効果を知っている人が見たら
一瞬で「カレーに入れる玉ねぎの工夫が書いてあるんだな。」と分かります。

 そうすると、リツィートしてもらいやすくなります。

 

 

 

 

■ 上のは、少し画像の文字が読みにくいので、もうひと手間かけてみましょう。
  
Excelでできます。

 

 

いかがでしょうか?

 

 

タイトルのついたアイキャッチの作り方いろいろ

■ Canva(キャンバ)を使って、タイトルに付いたアイキャッチを作る。
  

  この記事のアイキャッチは、Canvaで作りました。
  初めてだったので5分もかかってしまいました。

■ Excel、を使って、タイトルに付いたアイキャッチを作る。

 

【ホームページビルダー付属のソフトを使う場合】

ホームページビルダーのソフトをお持ちの方は、
とても簡単にアイキャッチが作れます。

■  ウェブアートを使って、タイトルに付いたアイキャッチを作る。

■  イメージデザイナーを使って、タイトルに付いたアイキャッチを作る。

 

※ 出来るだけ早く(*^-^*)
  記事が完成しましたら、リンクを張っていきます。
 

 

文章にもこだわってみましょう。

私が、もしファッション関係のブログなら、こんな風に紹介するかな。

 

🔶🔷  普通のバージョン

(おう!間違いなしの一枚の「一」が抜けておりました。)

 

このチュニックは、海辺で水着の上にサッとかぶれて、便利そうです。

可愛いので年令幅広く愛用してもらえる一枚ですね。

 

 

🔶🔷 共感を呼びたいバージョン

ガウチョって言うんだ。

ずっと昔は、longキュロットって言いましたよ、たしか・・・。

ファッション系は、時代で呼び名が変わるのね。

《 ※ 余談ですけれど「ベスト」は、今「ジレ」という名称です (”_”) 》
知ってました?
当たり前じゃん・・・といあなたは、45才よりお若いお年かと思われます 。

 

 

ひとり言

 

作業は、慣れれば簡単です。

慣れれば・・・・・。

 

後は、色のバランスを間違えないようにすることが、大切だと思います。

 

参考書籍
Pocket

当ブログの記事に共感していただけたら、嬉しいです。