キャッチコピーに悩んだときに参考にしたい本

昔むかし、二つの情報紙に携わっていたとき、一番多く利用した本です。

広告作りやブログのタイトルやキャッチコピーに悩んだとき
ご参考にしたい本です。

売り上げがドカンとあがるキャッチコピーの作り方

今も ブログを書くときに、頻繁に使っています。

売り上げがドカンとあがるキャッチコピー

この本のサブタイトル「殺し文句が5秒でできる!最新の成功事例を収録」とあります。

しかし、5秒では無理ちゃいますか? 
(^-^;

 売れるキャッチコピーは「言霊」の力できまる

「言霊」という言葉をご存じでしょうか?

日本において言葉に宿ると信じられた霊的な力のこと。
古代、その力が働いて言葉通りの事象がもたらされると信じられた。  

 参考:広辞苑

著書にも書かれてあります。 「言葉によって人は動かされ、そして行動を起こす」 キャッチコピーは、その「言霊」の力が非常に重要なのです。

 

本の紹介

販促のプロが書いた良い本です。
竹内謙礼氏さんの著書は、勉強になる情報が満載です。

氏は、大学卒業後、雑誌編集者を経て観光牧場の企画広報に携わり、楽天市場等で数多くの優秀賞を受賞されています。

 

この本の一番の魅力

巻末付録の「キャッチコピー言い回し辞典」

 

売り上げがドカンとあがる キャッチコピーの作り方

 

コピーライティングまで応用は難しいかもですが、WEB記事やネット通販、スーパー、店、メルマガのような販促を考える分には最適な参考書です。

売り上げがドカンとあがるキャッチコピーの作り方 売り上げがドカンとあがる キャッチコピーの作り方

 

「キャッチコピー」の役割

情報紙の仕事をしていたとき、まずは、読者を視覚に引き込む。値段とか内容は、読んだ方サイドで 良いとかダメとか
それぞれで、判断してもらえばいいと考えていました。

では「キャッチコピー」の役割はなんだとおもいますか?

私が思うに、料理を引き立てる 香辛料だと思います。

 

ブログでのキャッチコピーの役割

知りたい情報の単語を入れて、検索してみました。

先日、「ファイル ディレクトリ 壊れた 修復」で検索したら、ずらずらと同じタイトルが並んでいますよね。

その中で、クリックしてもらえるタイトルに 工夫をする必要があります。

%e7%84%a1%e9%a1%8c

■ 「秘亭のネタ」で記事を書いて半年後

検索が1ページ目に表示されるようになりました。

 

まとめ

毎日の日記であれば、徒然に書いていけばよいですが
読者を意識した記事は、少しづつでも工夫していくことが大切です。

読み手を考えて書いていくことは、SEO対策になります。

記事をかいてから、約半年後に反応がでると教わりました。

今、検索でヒットしているのは、半年まえ~1年前の記事です。

それを意識して書き溜めていこうと思っています。

 

 

 

 

Pocket

当ブログの記事に共感していただけたら、嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です