お店の紹介で幸せの還元をしています。

お食べ物屋さんを紹介すると、時間はかかりますが ヒットします。

食べ物ネタは、みてるだけでも幸せ気分になりますよね♪

そして、情報をしっかりと書いていれば、
ブログをご覧いただいた読者の方が、拡散してくださいます。

ありがたい事です。

テレビの影響は、スゴイですね。

所さんの「1億人の大質問!?笑ってコラえて!|日本テレビ 」

この番組で紹介されたお店の記事は、多くなっています。

一度食べたらハマる「日の出の焼き豚」/黒田庄

 

 

 

先日、その下にある「さぬきうどん優」は、
3つあるうどん屋さんの紹介記事から独立させたら、
一気に200ほど増えていました。

タイトルにお店の名前を入れていなかった失敗例

秘亭のネタは、1日500~600の閲覧があります。
まだまだヒヨコ組ですね (*´▽`*)

1ケ月で17000ビューほどでしょうか。

 

プラグインのJetpackをいれておくか、閲覧が組み込まれているテーマを使うと
下のようにアクセスが出ます。

 

 

お店の名前をタイトルに入れていると、ヒットしますが
イベントの名前を入れてる記事は、そこそこ。

下の二つの記事は、加東市にあるイタリアンダイニングのお店を紹介しています。

メインは、イベントのご案内でしたので、お店の情報は下の方に書いていました。

 

フェイスブックや自店のホームページがしっかりとあるので、検索は伸びていません。

しかし、余りにも数字が伸びていないのは、タグの括り方だと思うのです。

 

「書」の個展の概念を取っ払った「霞翠KASUI展」

 

イタリアンレストランin房舎/笑顔だらけのフィギュア展

イタリアンダイニング「加東市 房舎」と、
もっちろん「h3」でくくっていました。

それでも、この数字は「h1」と「h3」の違いです。

 

それと、房舎で検索かかっても、イベント案内に埋もれているので、

見にこられたユーザーが、房舎の案内に行くまでに、離れてしまったと思われます。

 

■ 検索エンジンが好むように、タイトルの付けてみるのも一つだと感じました。

 「お店の名前」+ キーワード+地名

 キーワード+「お店の名前」+地名

例えば、こんな感じでしょうか。↑

 

 

blogでお店の紹介をする時の注意

秘亭の地域は、プチ田舎ですので
きちんと記事で紹介すれば、
他のブロガーさんと競合すること少ないので

読んで頂ける確率は、高いはず。

ですので

新しいお店は、記事を書くにあたっては狙い目です。

 

最近の書いたお寿司屋さんを紹介するのに、調べていくと、
お店情報と違う記事に2,3コ出会いました。

1つは、住所。
もう一つは、電話番号。

ここは、気を付けなければいけないです。

秘亭の記事で間違いがありましたら、教えて頂ければ嬉しいです。

 

 

まとめ

生きる記事もあれば、埋もれていく記事もあります。

 

 

秘亭のネタは、嬉しく思えた事や美味しく思えた時間を作って頂いた方々に

 

 

お礼を込めて、記事で紹介しています。

 

Pocket

当ブログの記事に共感していただけたら、嬉しいです。