アレクシス・ワイセンベルク作曲/Marc-André Hamelin in a state of jazz


見つけたとき「ゾゾッ・・・」としました。

曲については、好き嫌いがあると思いますが
ファンとしては、これは、ワイセンベルクファンには、興味深いアルバムではないでしょうか?

 

 「気ままな生活」
 ♪音楽と書物に囲まれて暮らす日々の覚え書♪のブログのなかで紹介されていました。

’作曲家’ワイセンベルクとジャズ 

http://kimamalove.blog94.fc2.com/blog-entry-2235.html

 

作曲:アレクシス・ワイセンベルク

■ 《Sonata In a State of Jazz》 

http://www.hyperion-records.co.uk/dc.asp?dc=D_CDA67656&vw=dc

(※ 視聴できます)

ワイセンベルク作曲

 

■ 『The Piano Music of Alexis Weissenberg』(Nimbus)

これも検索をしてみると、視聴できるサイトがありました。
※Amazonmusicにても視聴できます。

https://open.spotify.com/album/0EoScprITOatEBy2h2h6l9

 

ワイセンベルク作曲

 

 Amazon ミュージックで購入

本当はMP3版ではなく、アルバムがほしかったんですが
クリックしたらMP3 でした。(^-^;

海外のAmazonで検索したら、デイスクは、在庫残り1個のようです。

 

 

※ 追記 日本のAmazonで販売されていました!残り3つ

 

 Amazon musicでmp3を聴く

 

メールに届いた★をクリック。

 

ワイセンベルク作曲


デスクトップ版Amazon musicをダウンロード 

 

amazon

 

ダウンロードすると、下の表示がでます。 

 

amazon2

 

ファイルを開きます。

amazon3  amazon4ファイルを解凍します。amazon5

 感 想

いかがでしょう?
マエストロが作曲をされていると伺っていたので「どのような音楽を作られるのだろう♪」と
とても興味がありました。
スカルラッテイのソナタのアルバムを検索していたら、偶然“ 「気ままな生活」♪音楽と書物に囲まれて暮らす日々”のサイトにたどり着き、念願のワイセンベルク氏がつくられた曲を聞くことができました。
カプスーチンの音楽ににたjazz音?(違う)に似ているような・・・。
「きままな生活」に書かれているように、小澤征爾とガーシュウィンの「ラプソディ・イン・ブルー」のアルバムにも「アイ・ガット・リズム変奏曲」は、ワイセンベルクらしいメリハリのきいたジャスで、その曲も何度か聞いていると
もう一度聞きたくなります。飽きない。

ワイセンベルクファンでなければ、Sonata In a State of Jazzを最初に聞いたら、
不協和音が耳につきますが 何度も聞いていると人間の心の隙間がみてくるような音楽だと思うのです。

Pocket

当ブログの記事に共感していただけたら、嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です