NikonD5300でRAW設定するとNEF形式で保存されて戸惑う記録

夜桜にチャレンジして、
ISOをかなり、あげて、上げて、上げて。
三日目の三度目のチャレンジでようやく夜桜が、撮れたと喜んでおりました。

(提灯の明るさしかないので、Aモード、ホワイトバランス晴天、ISOを3200から試して
日没前の19時前に[ISO 5800]まで上げて、ようやく何枚かいい感じの写真が撮れました。)

ところが、NEF形式で保存された画像は、アップデートで見れない。

なのでJPGに変換した画像を
WordPressにアップすると・・・・暗くなって、せっかくの渾身の一枚が 暗い。(´;ω;`)ウゥゥ

なぜ??

 

NikonD5300 NEFで検索すると

「NIKON D5300でRAWイメージを処理する方法」 とある。

Nikon D5300の[レタッチ]メニューの[NEF(RAW)処理]オプションを使用すると、JPEGファイルのRAWファイルをカメラに作成できます。

・・・RAW。 何かこれにしたと思う。
意味もわからず、編集出来るとかで
これにしたような記憶が少しあるけど、

 

「えーーーーン」わかんないよお。

 

 

 

調べよう・・・・と。

とりあえず、「RAW現像ができるソフトウェアで表示できる。」らしい。

Pocket

当ブログの記事に共感していただけたら、嬉しいです。