絶品カレーの秘密「あめ色玉ねぎ」を簡単に作る方法

玉ねぎを炒めると、本当に甘みが増すので不思議です。

料理のプロの世界で絶品カレーを作るときに
「炒め玉ねぎがうまく作れたら、おいしいカレーが約束される」 と、よく耳にする言葉です。

 

ところが、飴色になるまで玉ねぎを炒めるには
かなりの根気と時間と注意力がいります。

 

玉ねぎをみじん切りにして炒めても、40~45分かかります。

苦みになるので、焦がしてはいけないのです。
このくらい ↓ の大きさから飴色になるまで炒めるには、1~1.5時間くらい?

そこで、楽して簡単「あめ色玉ねぎ」の作り方をお伝えします。

 

簡単「あめ色玉ねぎ」の作り方

オーブンを使います。
邪魔くさいので余熱は使いません。

バットにアルミホイルをしいて、切った玉ねぎをバラケけて広げます。

■ オーブンの温度は、200°くらいで、15~20分。
 だいたいで大丈夫です。

 新玉ねぎの時は、もう少し長め30分でもいいデス。

 

ちょっとシンナリしてますね。
これをフライパンで炒めます。
5分でブラウン色になります。

10分も炒めると、本格的な「飴色玉ねぎ」になります。

 

炒めている過程の写真を撮り忘れました 💦

 

■ 「オーブンで焼いてからい炒めた玉ねぎ」と「鍋でのみ炒めた玉ねぎ」を合わせてみました。

「オーブンで焼いてからい炒めた玉ねぎ」は、5分くらいで、こんな感じになります。
後、2~3分炒めてもよかったかな・・・。

ジャガイモは、煮込むとドロドロになって、私はあんまし好きではありません。最近ケチる 節約の事も考えて、ミンチを使っています。(^^♪

 

 

カレーを美味しくする隠しポイント その他

 

飴色玉ねぎのほかに、

カレールーは、二種類
これも、カレーを美味しくする隠しポイントですよね。

私は、ハウスのジャワカレーが好きなので、必ずこれは外せません。
もう一つは、その時の気分です。

 

 

■ にんにく2片

たくさん入れすぎると、にんにく臭くなるので、2片。
にんにくを入れると、コクがあるように思います。

■ 煮込んで柔らかくなったら、この「にんにく」を見つけ出して、つぶして下さい。

煮込んでいるので、大丈夫かと思うのですが
お出かけ前に、この固まりを食べると
・・・ね♪

 

 出来上がり 

夏野菜をトッピングすると、色彩もよいかと思います。

家庭料理なので、こんな感じで。

 

 

カレーに込めたメッセージ

お出かけするときは、カレーを作っておくと

「あ・・・今日は、いないんだな」
と、暗黙のメッセージになります。

 

 

注意しないといけないのは、美味しく作りすぎると、
多めに作っているつもりでも
前の晩の夕食で、あらかた無くなってしまいます。

 

ゲフッ!・・・食べ過ぎた~~!」と旦那の声でお鍋を見に行くと

「・・・あ!」

 

知らんし。 (-.-)

 

明日は、私 おれへんで。

 

 

 

Pocket

当ブログの記事に共感していただけたら、嬉しいです。