全身麻酔初体験の巻 その2

全身麻酔初体験の巻 その1 

無題

いよいよ手術

さて、手術の日を迎えました。

手術室には、歩いて行くんです。

テレビでは、そんな場面ないですよね。

後ろについてきた息子に、できるだけ平静のお顔で挨拶。

「ジャッ♪(^^)/」

 

手術室の前の部屋を入ると看護師さんが

「脇を開けてください」と笑顔で言われた。

なんでだろう?78b5181809e751d66ffdf3b8bbe4821c
と思っていると「スッ」と 看護師さんの腕が私の腕を支えるように組まれました。

「では、歩きましょうか」と手術室の扉を開くバーを足で踏むと・・・・・
バ~~ン!!と目の前に入ってきたのは、テレビでよく見る
目がいっぱいあるオペ用のライト。

異空間にほんの一瞬クラッとしました。
その時に看護師さんが 腕を組まれたワケが分かりました。

以外や意外だったことは、手術台。
手術台は、冷たい銀色の鉄板のイメージでしたが

真綿で包まれたようで、柔らかいふんわりとしたベッド。
しかも、ほんのり温かい。

それだけで とても安心したのが記憶に残っています。

 

今から全身麻酔して、シュジュチュだ。

覚えておいてネタに使わにゃ。…と普段使わない観察力をスイッチ入れたんですが。

 

 

 

脳波を見るための器具を額に付けるとき「痛っ!」と言って

マスクを被われるかな外されたな~と思った5~6秒後のことは、記憶にございません。

 

オペの説明

オペに入るまでの前日から数時間前まで、初体験に挑む私に対して 
不安と心配を取り除くべく、
人を変え時を置いて説明を何度もされました。

 

麻酔医の先生とも前日にお会いします。先生は、優しく明るくとびっきりの笑顔で
「何にも心配する事はありません。

10秒くらいで麻酔がかかりますので、起きたら終わっていますよ(^ ^)」と言われました。

 

実際、4時間半位かかったようです。

息子が手術室の前の部屋で待ってくれてました。

 

後で手術にかかった時間をきいて

「ごめんねー長い事待ってくれてたんやね~~。」と言うと

「僕、寝てたから気にせんといて~~。」

「 アハ……いや〜。もうちょっと、なんか。

いや、やっぱっり私の子供やにゃ。(笑) 」

 

 

悪夢の時間始まり。。。

 

私の入院した数日間は、看護師、及びリハビリ療法士の仕事の大変さを垣間見たものでありました。

 私の相部屋は、足を骨折し動けない方2名

微熱の為、弱っている方が1名。

 

 

看護師さんはエライですね。

何度も呼び出されても
「どうかされましたかあ( ^^)」

「血圧計外したらダメですよー」

「もう夜中の三時なので寝ましょうね〜。」

「。。。いい加減に寝てね〜」

「お家に携帯は、つながらないから寝てね〜」

 

…と何度呼ばれても優しく接していらしゃる。

 

私の住まいは、プチ田舎で、しかも幹線道路からかなり離れている。
夜は、虫の音が子守歌
朝は、セミが目覚まし時計。

夜中にず~っと常に音がある状態が、とてもストレスでした。

 

寝れない長い夜の始まり・・

手術が終わりICUに入ったのは、18時だったと思う。

ICUには、私以外に3人の方がいました。

運悪く隣の婆さまは、軽い認知症。

「水が欲しい。。。睡眠薬が欲しい」と
大げさではなく15分〜30分毎に呼び出していたんではなかろうか。

(参ったな…。)

術後12時間は、水分は取ってはいけないのです。

「水が欲しい。。。睡眠薬が欲しい、家族を呼んで」


おとなしくなったなあ~とおもったら イビキ。

「我慢の限界」と「協調しなければいけない」という葛藤が交差するのでした。

 


心電図を図る機械音と
腕に巻かれた血圧を図るポンプは、定期的に膨らみ「プシュー」と解かれる。

血栓ができるのを防ぐために巻かれた足のポンプも定期的に「プシュー」。

 

強い腰痛が起こり寝返りができない

「いててて、いててて。。。。。。」

 

長い夜だった・・・・・・。(^-^;
そして、ようやく朝を迎え普通病棟に帰ったら・・・

隣の婆様のお見舞いの方の大きな声がひびいていました、

 

「どう?」

「はあ。元気やで!」

「夜は、寝れる?」

「よー寝れるでえ」

 

ホンマに「!」って感じです。


玉砕してしまいました。

チーン

 

声は、破壊力を持っている。

弱っている者には辛い。

たぶん、これは経験しないとわからない辛さです。

 

高齢者は、待つという我慢がだんだん出来ない方が多いとか。

さらに、寂しさと退屈があって人を呼ぶ回数が多くなるようである。

 

個室について

保険で入院特約とか付けていたら、ぜひ個室をオススメします。

寝られないほど辛ものは、ありません。

 

 

教 訓

① 病院は、元気な人がいる場所ではないので お見舞いに行くときは、静かに訪ねましょう。

② 入院のお部屋は、出来るだけ少ないベッド数のお部屋がオススメ。

③ 同室の方が高齢者であれば、忍耐がいるので心構えをしておきましょう。

④ 部屋着は、調整できるように一枚余計に羽織るものがあれば良いです。

⑤ 時間はたっぷりあるので、普段読めない本を持って行くと良いかもです。

 

以上、初入院体験から得た教訓です。

 

追記

一つ良いことがありました。

あんなに気を使いお金を使っても、体重が減らなかったのに

退院して体重を計ると三キロ減っていました。

 

唯一の朗報です。

 

 

 

Pocket

当ブログの記事に共感していただけたら、嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です