大きなパプリカもぺろり!ペペロナータ

ねっとりとした食感と甘酸っぱさのゼツミョーーなハーモニー。

 

これは、「ペペロナータ」( peperonata)と言います。

イタリア料理で、パプリカ、トマト、玉ねぎ、ニンニクにオリーブオイルをくわえて、とろ火で煮込んだ料理のことです。 冷やしたペペロナータはアンティパストの一品として、また、温かいペペロナタは魚や肉料理の付け合せにします。

※アンティパスト(AntipastoもしくはAntipasti)とは「食事の前の」という意味で、つまり前菜の事ですよ。

 作り方

材料(2人分)
パプリカ・・・・・・・・・各1個
タマネギ・・・・・・・・・1/6個
ニンニク・・・・・・・・1片
EVオリーブオイル・・・・適量
白ワインビネガー・・・・・大さじ1
塩・・・・・・・・・・・・一つまみ

お鍋にオリーブオイルを入れ、ニンニクをみじん切り。
いい感じに香りがただよってきたら、
玉ねぎをどさっといれて、シンナリしてきたら
ザクザク切ったパプリカを炒めます。

(薄皮を取ってた方が食感がよくなるよ。
 熱湯をくぐらしたらさっとむけます。トマトの湯むきとおんなじだよ)
 邪魔くさかったらそのままでも良いと思います。

 お塩をパラパラと、ワインビネガー(なかったらお酒とちょっとお酢で)

 ふたをして20分。焦げないよう水を少し足してね。
 パプリカの水分で蒸し焼きの感じで・・・。

 

 作った感想

新しいパプリカの調理法で美味でした。
冷やした方が私は、好きです。

味が物足らないときは、ドレッシングを少し足すといいかもしれませんね。

Pocket

当ブログの記事に共感していただけたら、嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です